広島 >>

外国人が日本文化についてもつ一般的な誤解

今学期、私の日本語402の授業では、日本社会と文化について、議論の余地のある話題を話しあったけど、本当に色々な面白いテーマを出し合いました。私たちはテクノロジー分野を話し合い、特に「われ思うロボット、遠い夢」と「知性深遠なる能力」では、日本がどのように最も先進国になったかということ、人工知能と人間の知恵の微妙な違いについて調査しました。まだ、大都会でのホームレス化する若者とワーキングプアの問題についても調べました。その課題について、その人の物語を見たり読んだり、まだアメリカと日本を対比しました。さらにもっと人間について考える課題として、日本と世界を一変させた出来事、すなわち広島と長崎に落とされた原爆について話し合いました。これらのような色々な出来事を理解することを試みて、勉強する一環として学生はめいめい日本文化に関する興味のあることや討論をするためのブログを書きました。私のブログは外国人の視点から見た、日本文化に対する一般的な曲解について説明します。
このレポートで私はいくつかの日本であった問題ある誤解を挙げて、解説をしていきます。そうすることで日本人と外国人のお互いの理解が深まり、より効果的にコミュニケーションが出来るようになるでしょう。しかしながら、ステレオタイプは私たちがある状況に入ったり、お互いに関わりあったりするときに重要な役割を果たします。まず、このレポートでは、世界で最も礼儀正しい民族である日本人について、外国人として、明白なステレオタイプを調査します。それから、このレポートでは、いかにこのステレオタイプに対する否定的な反応が作られているかを見ていきます。そして最後に、外国を旅行するときに起こりうる誤解をなくすために、日本人と外国人の両方が経験する異文化交流における問題を説明します。
日本社会について、外国人が一番持ちやすいステレオタイプは、世界的に見て、日本人が最も礼儀正しい民族である、ということです。これは、日本の家庭、レストラン、またはホテルに客として訪れたときのすばらしい経験に由来しています。一般的に、日本人は「思いやり」の文化の中で成長するのですが、多くの場合、その「思いやり」は外国人から見た場合“礼儀正しさ”に当たると思います。しかし、外国人が満員電車に乗ったり、混んだ道を渡ったりすれば、この印象は瞬時に崩れ去ってしまいます。多分彼らはそれを冷たいとか、無関心な感じだとと受け取ると思います。西洋人は、この振る舞いは彼らにとっての「礼儀正しさ」とは対極にあると考えるでしょう。しかし、それは誤解です。しかし日本人にとって、この振る舞いは思いやりであって、他の礼儀正しい振る舞いと変わりないのです。日本人は個人のスペースを侵略しないでほしいと思っています。
例えば、日本においては、電車では携帯で話したり、携帯電話の着信音が大きい音で鳴ったら、これは他の人々の平穏とスペースを侵略します。電車で人々がとても込んでいる場合では、他人を会話に引き入れるのは無作法なです。そして、その場合もう心地よく感じないのだから、無作為な会話はむしろ思いやりなのです。上記のような場合では、人々がどんなに近づき合っていても、お互いに一言も発しません。それが日本の礼儀だからですが、アメリカではそういう場合、会話をする方が礼儀正しいとみなされています。日本とアメリカでは礼儀正しさの定義が異なるのでしょう。このケースでは「礼儀正しさ」は、個人がどのように周囲を認識するかに左右されます。しかしながら、異なる文化交流のネットワーキングと協力体制を作るために、私たちはどんな場合も効果的にコミュニケートする必要があります。
いかなる言語においても、効果的にコミュニケーションすることが出来る能力は重要です。そして、それは口頭で表現するときに特に重要だと思います。すべての文化において、口語的な表現と洗練された表現の両方を理解することは賢明だと思います。また、日本文化と社会に触れるときには、すべての種類の口頭でのコミュニケーションを理解することは非常に重要です。日本語の場合、口頭と書面でのコミュニケーションは異なるので、時折かなり分かりにくいこともあるからです。日本語のネイティブスピーカーではない人が日本語を話す場合、偶然否定的な意味の言葉を言って、人の気持ちを害することもあります。このような場合、意図しない問題を引き起こしたり、相手の日本人を怒らせてしまう可能性もあります。日本語でのコミュニケーションでは、言葉ばかりではなく身体言語もとても大事なことです。日本での外国人、留学生として、私たちは文化のニュアンスを尊敬の気持ちをもって理解するように努めるべきだと思います。
このレポートで私はいくつかの日本で出会った問題のある誤解を挙げ、解説をしました。それから、いかにこのステレオタイプに対する否定的な反応が作られているかを見ていきました。
そして最後に、外国を旅行するときに起こりうる誤解を無くすために、日本人と外国人の両方が経験する異文化交流における問題を短く説明しました。


■  [PR]
by jpns402-keith | 2008-04-24 19:15
広島 >>